合宿免許を行うことのメリット

運転免許を取得するには、運転免許の教習所に通って一定の時間数を学習することで取得することができます。
この教習所に通う方法としては大きく分けて2種類に分けられます。



1つ目は、一般の教習所に通う方法で、何回も通いながら仮免許を取得し、さらに学科試験に合格することで国家公安委員会の試験を受けることができる免許を手に入れることができます。

もう1つの方法が、合宿免許です。

合宿免許とは、一定の期間、合宿のように集中して運転免許を取る方法で、一般的には1週間から10日ほど通うとすべての学科や実技が終了するようになっています。

合宿免許を行うことのメリットはいくつかありますが、大きなメリットとしては一般の教習所に通うよりも費用が安くなるように設定されていることです。この費用は、宿泊や印書の費用まで含まれているようなケースも多く、空いた時間は観光気分で旅行しながら免許を取得するようなことも可能です。



2つ目は、短期間で集中してとることができるということです。一般の免許の場合、効率よくこなしていっても2か月程度、学生などで学業の合間を縫って取得していく場合にはさらに時間がかかります。

しかしながら、合宿であれば非常に短い時間で取得することができるので、長期休みなどで一気に取得する人が多いです。



このように短期集中で行うので、合宿免許を利用する人の多くは学生で、特に夏休みの時期になると様々なプランが販売されるようになります。